ホーム > 展覧会事業

展覧会事業

益子陶芸美術館

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子は、1993(平成5)年6月に開館しました。以来、濱田庄司や島岡達三といった益子を代表する陶芸家や、濱田庄司にゆかりのある陶芸家の作品を収集し、展示しています。また、濱田庄司と交流のあったイギリス人陶芸家バーナード・リーチをはじめ、リーチ工房初期の陶芸家の作品や欧米の現代陶芸作品も収集し、紹介しています。近年は国内外の現代陶芸を中心に、年3~4回企画展を開催しています。

次回企画展

特別展
加守田章二 天極をさす

2021年3月7日(日)-5月30日(日)

加守田章二 天極をさす

常設コレクション

益子陶芸美術館の所蔵品を常設展示しております。年に数回の展示替えを行っております。

土器・陶器でたどる益子の歴史

「焼き物」という視点からみた益子の歴史を、史料や写真により紹介しています。

その他の展示・イベント

益子国際工芸交流事業の関連プログラム、他団体主催の展示・イベント等に関する情報です。

出版物

益子陶芸美術館の出版物一覧および詳細をご覧いただけます。販売も行っております。

過去の企画展

過去の企画展のアーカイブです。