ホーム > 益子国際工芸交流館

益子国際工芸交流館
Mashiko Arts & Crafts Residence

益子町/益子陶芸美術館では、2014年5月より「益子国際工芸交流事業(Mashiko Museum Residency Program)」を開始しました。この事業は、国内外で活躍するアーティストに益子で滞在制作を行ってもらう、いわゆる「アーティスト・イン・レジデンス」事業です。

この事業では、益子町/益子陶芸美術館が招聘したアーティストに益子で滞在制作してもらう招聘プログラムと、応募・選考のプロセスを経てアーティストに益子で滞在制作してもらう公募プログラム(2017年開始)の二つを実施しています。滞在期間中、アーティストは作品制作とともに、記念講演会、ワークショップ、公開制作などの交流プログラムを行います。
本事業を通じて、国内外のアーティストと益子や周辺地域で活動する人々との交流が深まり、益子における陶芸(工芸)の伝統が広く国内外に共有されるとともに、この事業がまた新たな創造の起点となることができますよう、目指してまいります。

「益子国際工芸交流館」は、来町したアーティストが滞在生活する場所です。益子で産出される芦沼石の粉を施した赤瓦を冠した平屋建てになっています。益子町出身の大塚実氏(株式会社大塚商会 創業者)の寄付に基づき、2014年春、陶芸メッセ・益子内に完成しました。

関連イベント等の最新情報は、こちらのページに掲載してまいります。
Facebookにも情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子までのアクセスはこちらをご覧ください。