ホーム > 益子国際工芸交流館 > リーチ工房研修プログラム2020

リーチ工房研修プログラム2020
Leach Pottery Apprenticeship Program 2020

1920年、若き日の陶芸家・濱田庄司がイギリス人陶芸家バーナード・リーチとともにイギリス・セントアイヴスへ渡り、窯を築きました。
リーチ工房の創設100周年を祝い、また、若手陶芸家の育成を目的として、2020年に益子の若手陶芸家2名をリーチ工房へ派遣します。

In 1920, young Japanese potter Shoji Hamada went to St Ives, U.K. with the British potter Bernard Leach. They built a climbing kiln there and opened the Leach Pottery.
Mashiko town sends two young Mashiko potters to the Leach Pottery in 2020, celebrating the 100th anniversary of the Leach Pottery and aiming to raise young Mashiko potters.


当プログラムへのご応募、誠にありがとうございました。
厳正な審査の結果、榎田 智さんと岩下宗晶さんの2名を派遣することと決定いたしました。
リーチ工房での研修の様子は、おふたりそれぞれのSNSで発信してもらいます。
研修期間:2020年5月15日~8月11日(予定)

We inform you that we have selected two potters to send to the Leach Pottery.
Their names are Tomo Enokida and Muneaki Iwashita.
During the apprenticeship, they will report their days on their own SNS accounts.
Period of apprenticeship: planned from 15th May to 11th August 2020.

榎田 智 Tomo Enokida
(えのきだ窯 / Enokida Pottery)

岩下 宗晶 Muneaki Iwashita
(岩下製陶 / Iwashita Pottery)


※「リーチ工房研修プログラム2020」の募集説明会&トークおよび応募受付は終了いたしました。