ホーム > 益子陶芸美術館 > 第3展示室・ミニギャラリー > 益子国際工芸交流事業 2018 アーティスト・イン・レジデンス in 益子 マシュー・ブレークリー、カーソン・カルプ、ペニー・シンプソン展

第3展示室・ミニギャラリー

益子国際工芸交流事業 2018
アーティスト・イン・レジデンス in 益子
マシュー・ブレークリー、カーソン・カルプ、ペニー・シンプソン展

Mashiko Museum Residency Program 2018
Artists in Residence in Mashiko
Matthew Blakely + Carson Culp + Penny Simpson

2019年3月30日(土)-6月30日(日)

主催:益子町文化のまちづくり実行委員会、益子陶芸美術館

開催期間 2019年3月30日(土)-6月30日(日)
会場 益子陶芸美術館 第3展示室
休館日 月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)~12日(日)は展示替えのため休館
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 無料(※企画展入館料は別途)

アクセスご利用案内過去の国際工芸交流事業

益子国際工芸交流事業では、益子町と国内外のアーティストの交流促進や、益子の陶芸(工芸)文化の共有を目指し、作家の招聘事業や教育普及プログラムを実施しています。
本展では、2018年に益子で滞在制作した3名の陶芸家の成果作品を、オリジナル作品や滞在中の写真とともに紹介します。

マシュー・ブレークリー
2018年 益子
マシュー・ブレークリー
工房での制作の様子
カーソン・カルプ
2018年 益子
カーソン・カルプ
制作実演ワークショップの様子
ペニー・シンプソン
2018年 益子
ペニー・シンプソン
ギャラリートークの様子

関連プログラム

講演会「情熱に火をつけた きらめ き:濱田庄司、パターソンズ・ギャラリーと、英国スタジオポタリーの誕生」

The Spark that Ignited the Flame: Hamada Shoji, Paterson’s Gallery and the Birth of English Studio Pottery

講師:ジュリアン・ステア/Julian Stair(陶芸家・イギリス陶芸史研究者/イギリス)

1955年イギリス・ブリストル生まれ。1974年にカンバーウェル・スクール・オブ・アートで陶芸を学ぶ。1978年からはロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)にて陶芸を学ぶ。
轆轤による器(pot)の制作を中心に据えている。2002年RCAに英国スタジオポタリーの歴史をテーマにした論文を提出し、博士号を取得。

日時:2019年4月13日(土)午後1時30分~午後3時30分 ※終了いたしました
場所:益子国際工芸交流館(陶芸メッセ・益子内)
*参加無料、事前予約不要、通訳あり

アクセスご利用案内