ホーム > 益子陶芸美術館 > 第3展示室・ミニギャラリー > 益子国際工芸交流事業 2017 アーティスト・イン・レジデンス in 益子 アン・メテ・ヨォーツォイ+カリーナ・シスカート展

第3展示室・ミニギャラリー

益子国際工芸交流事業 2017
アーティスト・イン・レジデンス in 益子
アン・メテ・ヨォーツォイ+カリーナ・シスカート展

Mashiko Museum Residency Program 2017
Artists in Residence in Mashiko
Anne Mette Hjortshøj + Carina Ciscato

2017年9月2日(土)-11月18日(土)

主催:益子陶芸美術館

開催期間 2017年9月2日(土)-11月18日(土)
会場 益子陶芸美術館 第3展示室
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日、11月6日は開館)、10月3日(火)〜7日(土)、11月7日(火)
開館時間 [9月~10月]午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
[11月]午前9時30分~午後4時(入館は午後3時30分まで)
観覧料 無料
※同時期に開催している企画展「うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生」「瀧田項一の歩み 作陶七十年のかたち」は有料です。

アクセスご利用案内

益子国際工芸交流事業は2014年5月に益子町で始まったアーティスト・イン・レジデンス事業です。益子町と国内外のアーティストの交流促進や、益子の陶芸(工芸)文化の共有を目指し、作家の招聘事業や教育普及プログラムを実施しています。本展では、2017年春に公募作家として滞在制作したデンマーク陶芸家アン・メテ・ヨォーツォイとブラジル陶芸家(イギリス在住)カリーナ・シスカートの成果作品をオリジナル作品や滞在中の写真とともに展示します。

アン・メテ・ヨォーツォイ
制作実演ワークショップの様子
カリーナ・シスカート
工房での制作の様子
アン・メテ・ヨォーツォイ
《ティーポット》2017年 益子
カリーナ・シスカート
《手桶》2017年 益子
アン・メテ・ヨォーツォイ
《楕円鉢》2017年 益子
カリーナ・シスカート
《花瓶》2017年 益子